皆さんこんにちは^^もえしんです。今日もかろうじて生きています(笑)

さて今回は、美容師が就職する際に判断するべき3つの基準というブログ。

僕は現在も現役美容師で某サロンで店長を務めているのですが、美容師が就職先を選ぶときに判断材料とするべき3つの基準をお伝えしたいと思っております。

就職先で悩んでいる美容師の方は参考にしてください。

①給与体系

美容師は安月給です。年々少しづつ改善されてきてはいるものの、まだまだ仕事量に見合った給料をもらえていないという事が現実です。

さて、そこで判断材料にしてしまいがちなのが、初任給。結構安めの設定が多い中、明らかに高めの美容室がまれにあります。

普通であれば、高いからここにしようと決めてしまいがちなのですが、高い理由にはデメリットがある場合があります。

離職率が高い美容業界で美容師が不足している現代。それでも美容室の件数は増え続けている現状で、飽和状態にあるこの業界ではなかなか抜きんでて稼ぐという事が難しくなってきています。

初任給が高い美容室は離職率が高い傾向にあります。離職者が多い→すぐに人材が欲しい→給与を高くすることによってほかのサロンよりも確保しやすい状況を作る。といった流れです。

離職者が多いという事はサロン自体に大きな問題がある可能性が大きいのです。

性格の悪い先輩がいて、いじめられる。後輩への指導がしっかりしていない、教育がしっかりしていない、そのような問題があるため離職者が後を絶たず、募集の初任給を上げる処置をとっているという可能性があります。

給与体系は初任給で判断するべきではなく、歩合制のバックマージンで判断するべきです。いわゆる仕事で自分が売り上げた額に応じた報酬比率なのですが、平均は20%ほどでしょうか。中には50%などのサロンもありますのでここは重要視するべき部分です。

アシスタントの場合は固定給の場合が多いですが、アシスタントでもヘアサロンで販売する商品をお客様に販売することで報酬が発生するサロンもありますので、給与体系でチェックする部分は初任給ではなく歩合制の報酬額のパーセンテージだと思います。

②休み時間、休憩時間、有給休暇などの休暇の体制、指導体制

美容師は昔からブラック企業と言われていました。しかし、徐々に改善のテコ入れが全国で少しづつ始まり、昔ではありえなかった環境改善が始まってきています。

昔は目で見て覚えるが当たり前だったのですが、今は先輩が毎日付きっ切りで指導していただけたり、指導に力を入れているサロンが多く、技術の底上げを図っています。

教育がしっかりしているサロンは年間の教育スケジュールというものが年始にすでにできていますので、そのようなカリキュラムがしっかりとあるヘアサロンはアシスタントからスタイリストになる段階では最重要視するべきことかと思います。

アシスタントの教育スケジュールなどが歩かないかは就職する時点で確認するべきことかと思います。

もう一点は休み時間、休暇の改善です。

昔は休憩時間などがないサロンがほぼでしたが、今ではしっかりお昼休みは1時間の休憩が取れるサロンも出てきて、間の休憩時間もちゃんとあるサロンが出てきています。

仕事をする上で休憩時間は当たり前なのですが、美容業界では休憩時間がないのが当たり前でしたので、現在就職先を決める上では休憩時間があるかどうかも重要視するべきことかと思います。お休みに関しても、有給休暇はしっかりと消化できるのか。その点も確認するべき要点になるかと思います。

③お店の雰囲気

これが一番重要視するべきことかと思います。これに関して言えばまる1日、できればまる3日、お店を見学させてもらう。無理なのであれば夕方付近から営業が終わった後店を閉めた後で、みんなが練習して帰る時間までいる事です。

当然ながらお客様に接している時と営業後ではスタッフの雰囲気も変わります。

接客中はチームワークができているか、ピリピリした雰囲気がないか、店の掃除は行き届いているか、さぼっている人はいないか、そのような事を基準に観察してください。

営業後は練習している時先輩がしっかりと教えてくれているか、スタッフ同士笑って仲良く話しているか、などを観察してください。

美容師の仕事はハードです。夜仕事が終わった後の雰囲気は非常に大事かと思います。営業中だけ見て帰ることは絶対しないでください。

まず気になるサロンは見学する!しかも営業後のスタッフの練習の時間までしっかりと見学させてもらうのです。

見ることで書面などではわからなかった情報がいっぱい出てきます。最終的な判断は絶対に見学してから決めてください。

まとめ

美容室は現在飽和状態。人材不足で美容師を募集しているサロンは山ほどあります。その中で本当にいいサロンを見分けることが自分の今後の美容師人生を大きく左右します。

この記事を見て判断基準はまちがっていませんでしたか?もし間違っていたのならばこちらの記事を参考にしていただき素晴らしいサロンを見つけてください。

後これは僕の見解ですが、現在雰囲気や指導方法が悪くてそれでも同じサロンで頑張っている美容師の人たちはすぐにやめてください。

いい美容室は世の中にいっぱいあります。今の美容室があなたの全てではないのです。環境を思い切って変える勇気は必要です。

皆さんが本当に気に入る美容室に巡り合えるよう切に願っています。ではまた!

 

 

フォローする

友達追加で僕の近況をチェックしていただければと思います^^

ブログの感想いただけたら延命できます(笑)
友だち追加

 

&nbsp

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせ

おすすめの記事