皆さんこんにちは^^もえしんです。今日もかろうじて生きています(笑)

さて今回は、僕が経営していたサービス業、というブログ。

僕は妻と、従業員2名で田舎で小さなヘアサロンを営んでいました。※現在もお店はあります。

美容室の現状と現実を少しでも皆さんにわかってもらうために僕の職を公表しました。

同業ですが、僕はヘアサロン業界で働いている人を心から尊敬いたします。

新規獲得が難しい時代

現代の美容室事情は皆さんご存知ですか?

美容室件数は飽和状態にあり2017年のデータでは約24万件。これがどのくらいすごい数字かわかりますでしょうか?

コンビニの件数が2018年7月のデータで5万7818店舗、歯医者の件数が2017年1月の時点で6万8872件。コンビニも歯医者も至る所にあるイメージがあるかと思います。

4倍近くの件数という現実が美容室。実は全国にある信号機、郵便ポストよりも多いという非現実的な本当の話。理解してもらえましたでしょうか?

美容師はブラック企業のイメージが根付き、職に就きたいと専門学校に通う若者が年々減っているため。件数が増えて人手が欲しいのに働きたい美容師がいない現実。慢性的な人手不足となっています。

競合店が増えすぎているため新規のお客様の獲得が年々厳しい状況になっており、美容室に求められるものも技術にとどまらず、顧客管理、パソコンの操作、SNSの管理、ブログの更新等々多岐にわたるようになりました。

その中で離職率も年々高くなり、業界の厳しさに歯止めがきかない状態になっている。それが今のヘアサロンの現実なのです。

その中でも安定していた売上

さて、その中でも僕たち夫婦が協力して経営していた美容室は比較的安定した売り上げがありました。理由は45年続いていた妻の両親が経営していたサロンを僕たちが顧客を引き継ぐ形で新会社を設立したからです。

設立当初から常連のお客様がすでにいましたので、それが幸いとなり、ふつうは数カ月安定しない売り上げが、新規開店から安定させることができました。

安定=満足ではなかった

売り上げは安定していました。しかしそれに満足できていたかというと違いました。僕たち夫婦は協力して美容室を切り盛りしてはいましたが、極端に売り上げが上がることもない、逆に極端に下がることもないのですが、常連のお客様は皆さん高齢、足腰が弱くなり、これなくなったり、お亡くなりになってしまったりと。少しづつ都会よりも数倍速い高齢化問題が浮き彫りとなっていました。

給料は僕と妻合わせて手取りで25万ほど。子供三人を養っていく上でも到底満足できる給料ではなく頭打ちの現在の状況に日々悩んでいました。

その中でのオリジナル商品の開発

僕は、一大決心し、今の現状を打破するため、メーカー側の立場となり、飽和状態にある美容室に向け、商品を販売することを決意しました。その時、お客様に求められていたものが、商品としてなかったので、その商品を開発するべく日々、試作を繰り返し、実験をする毎日をおくりました。

試行錯誤し約2年。考えていたものがやっと満足できる結果になり、商品化のめどが立ちました。

その商品を発売したのがまさに去年の今頃です。※詳しくはカテゴリーの、アフィリエイトを始めるまでの現状で書いています。

現在その時に作った借金が大きな足かせとなっているわけではありますが。

この時始めた新事業に関してはまったく公開していません。

まとめ

安定しているが満足はしていないという状況は皆さんにもあるかと思います。現状を打破するためには攻めなければいけません。考えていることがあるのでしたら行動するべきなのです。僕が考えた新事業は、まだ失敗してはいません。これがこの先どう転ぶかは誰にもわかりませんが。現状を打破するためには行動することです。

行動しない限りは安定から衰退へと移行します。肝に銘じてください!ではまた!

フォローする

友達追加で僕の近況をチェックしていただければと思います^^

ブログの感想いただけたら延命できます(笑)
友だち追加

 

&nbsp

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせ

おすすめの記事